親戚の結婚式に着ていく服装のマナー

結婚式にふさわしい服装

スーツを着るのが基本

男性は、親戚の結婚式ならスーツが好ましいと言われています。
一般的な結婚式の場合は、ディレクターズスーツやブラックスーツを選択してください。
最近は、もっとカジュアルな雰囲気の結婚式を挙げるカップルも見られます。
その場合は、ダークスーツでも良いでしょう。
学生の場合は、学生服を着るのがマナーです。
靴は、革靴を履きましょう。
小さな子供の場合は、襟付きのシャツに蝶ネクタイを合わせた服装がおすすめです。

女性は、新婦より目立たない服装で行ってください。
ドレスを着用する人が多いでしょうが、ネイビーやベージュなどを選択しましょう。
若い女性は華やかなカラーのドレスが良いかもしれませんが、親族は地味な恰好をするのが結婚式のマナーになります。
また露出が多い服装や、毛皮を着用することは避けましょう。
親族でも、和服を着用できます。
未婚の女性は振袖、既婚の女性は黒留袖を選んでください。
振袖もドレスと同じで、地味な色のものにしましょう。

ドレスを持っていない人は、レンタルするのも良い方法です。
親戚の結婚式なんて、あまり頻度がありません。
その時のためだけに購入するのは、費用が無駄だと思う人がいるのではないでしょうか。
レンタルだったら、5000円から10000円ほどの価格で借りられます。
予算が少ない人は、レンタルを選択してください。
注文してからドレスが自宅に届くまで、多少時間が掛かります。
必ず結婚式に間に合うように、注文を済ませてください。

TOPへ戻る