親戚の結婚式に着ていく服装のマナー

結婚式にふさわしい服装

>

おめでたい場に合っている

種類を知っておこう

ディレクターズスーツやブラックスーツは、普通の結婚式の時に男性が着用します。
教会で儀式を行ったり、ホテルで披露宴をするものが普通の結婚式になります、
しかし最近は簡易的な結婚式をレストランで行うカップルも見られます。
カジュアルな服装で出席するように言われた場合は、ダークスーツがおすすめです。

結婚式の雰囲気を知って、着用するべきスーツを決めてください。
ちなみにスーツを着用するのは、学生以上の男性です。
学生の場合は、制服を着用してください。
制服がない学校に通っている場合は、シャツにジャケットを羽織ると良いでしょう。
かしこまった雰囲気にふさわしい服装をしてください。
親族の服装に問題があると、おめでたい雰囲気を壊してしまいます。

小さい子供の場合

子供の服装は、特に決められていません。
しかしTシャツやトレーナーといった私服では、その場の雰囲気に合っていないので避けましょう。
余所行きの良い服を子供に着させてください。
結婚式の場合は、襟付きのシャツがおすすめです。
さらに蝶ネクタイをすると、かしこまった雰囲気になります。

子供も大人も、結婚式では革靴を履きます。
履き慣れていない靴は、子供が嫌がるかもしれません。
普段から時々、革靴を履かせて結婚気に備えてください。
服も同じで、結婚式の当日に嫌がらないように工夫しましょう。
子供の好きなキャラクターがワンポイントとして描かれているシャツなどだと、素直に着てくれることが多いです。
子供が嫌がって泣くと、結婚式どころではなくなってしまいます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る