親戚の結婚式に着ていく服装のマナー

結婚式にふさわしい服装

>

新婦がメインになるという意識

ドレスの選び方を知ろう

ドレスで参加する場合はネイビーやベージュなど、目立たない色を着用してください。
和服でも構いませんが。その時も色の選択は同じです。
さらに、結婚しているかいないかで着用できる和服が異なります。
結婚していない人は、振袖を着てください。
結婚している人は、黒留袖を選びます。
間違って着用しないように注意しましょう。

特に年齢が上の人は、黒留袖を着ている傾向が見られます、
若い女性はパステルカラーのかわいいドレスを着用したいかもしれませんが、ガマンしてください。
親戚の立場で参加しているので、あくまでもゲストをもてなす側になります。
ですから、地味な恰好をしなければいけません。
それが結婚式のマナーなので、必ず守りましょう。

着用してはいけない服

地味な色でも、露出の多い服装は控えてください。
結婚式にふさわしくありません。
肩が出るドレスの場合は、ボレロを着用すると良いでしょう。
しかし、毛皮を使ったものは着用してはいけません。
殺生を連想させるので、毛皮のコートや動物の皮を使ったバッグは使用できません。
そのことを忘れないでください。

アクセサリーも、パールのネックレスやピアスだけにしましょう。
装飾しすぎると派手に見えるので、新婦より目立ってしまいます。
冠婚葬祭の時はパールのアクセサリーだけ許されることが多いです。
その時のために、1つ買っておくと良いでしょう。
自分がマナー違反をしていると、親戚みんなに問題があると思われてしまいます。
自分の服装を、もう1度見直しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る