親戚の結婚式に着ていく服装のマナー

結婚式にふさわしい服装

>

レンタルで済ませる方法

終わったら返却するだけ

結婚式用のドレスやスーツ、和服を貸し出してくれる業者があります。
そこなら自分の理想通りの服が見つかるでしょう。
何よりメリットは、安く済むという面です。
ドレスやスーツを買うと、数万円になることが多いです。
数回しか訪れない親戚の結婚式のために、高額な費用をかけるのは賢い方法ではありません。

レンタルは、安いと5000円ほどで済ませられます。
高くても10000円ぐらいなので、予算を越えません。
服を持っていない人は焦って買わないで、レンタルという方法もあると覚えておきましょう。
結婚式で着用して、終わったらそのまま返却するだけで大丈夫です。
クリーニングも出さなくて良いので、余計な費用が発生することはありません。

丁寧に扱うこと

借りている服は、壊したり汚したりしないよう丁寧に扱ってください。
目立たない汚れぐらいだったら大丈夫ですが、食べ物のシミなどをつけてしまった場合は、別途でクリーニング代を請求されてしまいます。
壊したりあまりにも汚した場合は、買い取りになる可能性があるので注意してください。
後で返却するものだと言う意識を、忘れないでください。

結婚式に間に合ように、服を注文してください。
注文してから自宅に届くまで、多少の時間が掛かります。
業者によって変わりますが、3日から1週間ほど掛かるところが多いです。
結婚式のギリギリに注文しても、間に合わない可能性があります。
注文して、どのくらいで届くのか調べてから利用しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る